サエル 口コミ

サエル 成分

更新日:

サエルの成分

これからサエルで美白ケアしていこうと考えている方なら、肌に安心して使用できる成分が含まれているかどうかって気になったりしますよね?

わたし
新しい化粧品を使うときは、肌に悪い成分が含まれていないか心配になるわねぇ。

このページでは、

サエルに含まれている成分とその効能

サエルの副作用の有無

などについて、詳しくお伝えしようと思います!

サエルの全成分がこちら!

サエルの全成分

+をクリックすると、サエルの全成分が見れるわよ!
サエル先生

+ 化粧水の成分を見てみる♪

有効成分(アルブチン、グリチルリチン酸2K)、水、1,3-プロパンジオール、グリセリン、ローズ水、セラミド2、桃葉エキス、アーティチョークエキス、ムラサキシキブ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、デイ・リリー花発酵液、ノバラエキス、人参エキス、海藻エキス-5、ローズマリーエキス、濃グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、BG、キサンタンガム、フィトステロール、クエン酸Na、クエン酸、PEG(80)、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、セタノール、オレイン酸ポリグリセリル、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール

+ 美容液の成分を見てみる♪

有効成分(アルブチン、トラネキサム酸)、水、グリセリン、ローズ水、BG、α-オレフィンオリゴマー、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、硬化油、セラミド2、桃葉エキス、アーティチョークエキス、ムラサキシキブ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、デイ・リリー花発酵液、ノバラエキス、シモツケエキス、人参エキス、海藻エキス-5、ローズマリーエキス、ビタミンE、濃グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ジグリセリン、フィトステロール、ベヘニルアルコール、クエン酸Na、クエン酸、セタノール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、ステアリン酸、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、オレイン酸ポリグリセリル、ポリグリセリル-3メチルグルコースジステアレート、ステアリン酸ソルビタン、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、水酸化K、フェノキシエタノール

+ クリームの成分を見てみる♪

有効成分(アルブチン、グリチルリチン酸2K)、水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ローズ水、BG、POE・ジメチコン共重合体、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、メドウフォーム油、ジメチコン、セラミド2、桃葉エキス、アーティチョークエキス、ムラサキシキブ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、デイ・リリー花発酵液、ノバラエキス、人参エキス、海藻エキス-5、ローズマリーエキス、濃グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、フィトステロール、クエン酸Na、クエン酸、ポリグルコシルオキシエチルメタクリレート液、セタノール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

+ CCクリームの成分を見てみる♪

シクロペンタシロキサン、水、酸化チタン、BG、グリセリン、PEG-10ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、酸化亜鉛、ジメチコン、カプリリルメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、水酸化Al、メタクリル酸メチルクロスポリマー、グリチルリチン酸2K、セラミド2、モモ葉エキス、アーチチョーク葉エキス、ムラサキシキブ果実エキス、カニナバラ果実エキス、オウゴン根エキス、エクトイン、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、トコフェロール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、フィトステロールズ、ポリHEMAグルコシド、クエン酸Na、クエン酸、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PEG-32、PEG-6、セタノール、エチルヘキシルグリセリン、酸化鉄、硫酸Mg、ハイドロゲンジメチコン、含水シリカ、トリメトキシシリルジメチコン、ステアロイルグルタミン酸2Na、シリカ、タルク、マイカ、オレイン酸ポリグリセリル-2、フェノキシエタノール

 

とまぁ、サエルの全成分をお見せしたわけですが、これだと何が何だかわからない。

かといって、サエルの成分を全て解析していったら日が暮れてしまう・・・

ということで、特に重要な成分をいくつかピックアップし、その効能を紹介していこうと思います。

セラミド

セラミドとは、角質細胞と角質細胞の間に存在し、水と結合して肌に潤いを蓄えてくれる成分のことです。赤ちゃんの時には豊富にあるセラミドも、年齢とともにどんどん減ってしまいます。

なので、『セラミドを取り入れる=肌に潤いを与える』こととなるのです。

サエルでは、通常の3.3倍もの浸透力を誇るセラミドナノスフィアを配合!

角層深部まで浸透し、驚異的な保湿効果を体感することができます。

パルマリン

健やかな角層を作り、肌のバリア機能をサポートする働きがあります。

ジンセンX

ストレスなどにより低下した皮膚の温度を上昇、血行促進をサポートする働きがあります。

ムラサキシキブエキス

・シミの原因となる活性酵素の分解する

・メラニンが黒化するのを抑制する

というような働きがあります。

パルマリン・ジンセンX・ムラサキシキブエキスこれら3つの複合成分は『ストレスバリアコンプレックスCL』と呼ばれ、肌荒れや乾燥に負けない強い肌へと導いてくれます。

アドバンスメラノキャッチ処方

メラニンを作らせない
→アーチチョークエキス、モモ葉エキス、アルブチン

メラニンを黒くしない
→デイリリー花発酵液、ムラサキシキブエキス

ローズ・ローズマリー

シミやくすみの原因は、紫外線などの外部刺激だけではありません。

仕事や家事など、普段の生活でかかるストレスも原因の一つだと言われています。

そこで必要となってくるのが、リラックス効果の高い香りです。

 

サエルにはローズとローズマリーが含有されていて、それぞれ

ローズ:女性ホルモンのバランス調整、シミやシワの予防。

ローズマリー:血行促進、くすみの改善、抗酸化作用。

などの働きがあるので、かなり美肌効果に期待できると言えます。

シモツケソウエキス

敏感肌の方は肌の表面で炎症が起きやすく、くすみやすい傾向があります。

シモツケソウエキスは色むらの原因となる「糖化」に対応し、黄ぐすみしにくい肌へと導きます。

その他くすみに効果的な成分

デイリリー花発酵液:赤ぐすみをケア
ローズヒップエキス:青ぐすみをケア
セイヨウノコギリソウエキス:黄ぐすみをケア

ソフトメルディングオイル

ソフトメルディングオイルは非常に浸透力に優れた成分です。

ふっくらモチモチ肌を実現します。

ベントナイト

ベントナイトは化粧水で得た潤いをがっつりガード!

肌から水分が蒸発するのを防ぎつつ、ホコリや乾燥といった外部ダメージから守る蓋の役割を果たします。

メドウフォーム

サエルの成分にはテクスチャーのことなる多数のオイルが配合されています。

中でも、肌馴染みが良く高い保湿力を実現するのがメドウフォームです。

オウゴン根エキス

CCクリームに配合されているオウゴン根エキス。

タバコなど体に悪いものを取り入れた際に、老朽化を進めてしまう「MMPI」と呼ばれる因子の発生を抑制します。

環境ストレスを軽減する数少ない成分となります。

サエルは副作用の心配があるの?

サエルの成分を解析したところ、危険な成分は含まれていないので特に副作用の心配はありません。

サエルは厚生労働省が効果・効能を認めた医薬部外品。ディセンシアはアレルギーテスト(パッチテスト)を行なっているので、安全面においては慎重になる必要はないでしょう。

 

また、アルコールやハイドロキノンといった刺激性の強い成分も含まれていません。(ハイドロキノンは色素沈着を消す効果が期待できる反面、刺激が強すぎるので敏感肌の方にはお勧めできません。)

安全性は高いですが、人によってサエルが肌に合う・合わないはあるかと思います。

何か異常が見られた際は使用を控えてくださいね。

サエル先生

 

サエルの成分・副作用についての解説は以上となります。

サエルについて他に知りたいことがあれば、下の記事をぜひ参考にしてみてくださいね♪

Copyright© 【暴露】サエルでシミは消える?50代女が効果を試して口コミ! , 2019 All Rights Reserved.